風の吹くまま

amicizia.exblog.jp

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。

さくらさくら

意外と花がもっていますね。

晴天の下で散った桜は
地面に降りても風が吹くたびにほろころと流れて
小波を起こすので見ていて楽しいです。

桜が散るさまをしづ心なき、とはいうけれど、
個人的には、桜の花びらは薄くて小さくて滞空時間が長いから、
強風にあおられた花吹雪以外は、あんまり忙しない感じはしません。
むしろ、春の光を受けて、ゆったり舞っているのが優雅とさえ思う。

そういえば、花散るさまに関しては、
水なき空に波ぞ立ちける
っていう絶妙の表現がありましたね。




久方のひかりのどけき春の日にしづ心なく花のちるらむ(とものり・古今)

さくら花ちりぬる風のなごりには水なきそらに波ぞたちける(つらゆき・古今)
[PR]
by ami-cizia | 2008-04-04 23:49 | にき(日記)

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。


by ami-cizia