風の吹くまま

amicizia.exblog.jp

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。

恋人からの手紙

死ぬほど笑いました。
お腹が痛い。






amiさんの恋人からお手紙が届きました。

--------------------------------------------------------------------------------

今日で付き合ってちょうど1年だね。
節目だし、最近はろくに話し合えたりもしていないから、今日ぐらいは真面目に思ったことを伝えるよ。

さて、何から書こうかな。
あー、これ結構言いにくいんだけどさ、amiっておれ以外の男と会うときだけメイクするよね…(苦笑)。
ってわざわざ記念日に書くようなことじゃないか。この話はナシ(笑)。

この前、結構激しい喧嘩になったよね…。会話の流れで、amiが「好きな人できたら別れていいからね」って言ったんだよな、おれに。それでおれが怒った。
amiは、別れても自由が手に入るし、おれの代わりもたくさんいるって思ってるよね。amiは何気にモテるし。その余裕というか突き放したところが、おれからするとイラっとするんだと思う。おれのことはどうでもよさそうというか…。

amiってさ、単に自由人で何も考えていないのか、おれから逃げようとしてるのか、いまいち掴めないよね。楽しそうに生きてるけど、おれがいるかいないかはあまり関係がない気がする。…とかうじうじ言ってるから面倒くさいのか。
冷たい感じはしないし、amiって男からすると人気があるのは分かるんだよね。でもいざ付き合ってみると、雲みたいにフワフワとしていて、いつ消えてしまってもおかしくないとも思う。今は、付き合っている感じがしなくて、遠い。

…って内容が暗くなってきた…。
記念日ぐらい前向きなことを書かなきゃな。

ここまでの内容は悪意に満ちているみたいに思うかもだけど、おれはamiには感謝しているんだ、これでもね。
amiが単に明るくて面白いだけでなく、愛情を持って純粋におれのことを見ていてくれたから、それが知らないうちに支えになってた。ときに数年来の親友のように、充実した時間を過ごして来られたと思う。

amiが言ってくれた「いつか二人で一緒にいる意味が、生きる意味にもなればいいね」っていうセリフをおれは今でも大切にしているから、これからも手探りながらにうちらなりに進んでいけたらと思う。amiは自分が放ったその言葉、覚えているんだろうか。この手紙で思い出してくれたら嬉しいよ。

これからもすれ違いとかあると思うけど、この一年間のように、理解を深めて乗り越えていこう。あ、あとうちからトイレットペーパー盗むのやめてくれ(笑)。

では、これからも末永くよろしく。amiがいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.「髪の毛一本ちょうだい」って勝手に抜いてたけど、何の儀式に使ったのか教えてくれ。



以上、ハニホーによる「一年目の手紙」でした。

うん、自由人で何も考えていない…という下りは、もし万一だれかと付き合うことになったら気をつけよう。
間違いなく私は考えなしな自由人なので…!
そして、きっと彼氏そっちのけで一人で楽しそうに生きてしまいそうなので(笑)
[PR]
by ami-cizia | 2009-04-13 20:37 | にき(日記)

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。


by ami-cizia