風の吹くまま

amicizia.exblog.jp

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。

カテゴリ:ことのは(言の葉)( 54 )

お次は句会

仕事が一山越えて、今日は久々に早めの退社。

そして、お楽しみの句会へ。

今日は3句提出したのですが、1つは6人中3人に、1つはお一人から票を入れていただけて、
いやはや、全て誰からもスルーされたりせずに済んでほっとしました。


 すずらんの寝息連なる授乳室


…自覚しているのですが、私は感覚で言葉を選びすぎて
「すずらんの」の「の」がどこにかかるのかとか自分でも分かりません。。。
こういうの、直さないとなぁ。
[PR]
by ami-cizia | 2010-05-26 22:53 | ことのは(言の葉)

春暁

   夜来風雨の音がして 窓を開ければモザイクの街

さくらの亡骸が貝殻のように埋め込まれてる
[PR]
by ami-cizia | 2010-04-07 22:03 | ことのは(言の葉)

次は句会

そういえば、題詠100首マラソンがまったく進んでいないわ。。。
句会が終わったら、そちらにシフトします。

3句出さなきゃいけないんだけど、どれを出そうか。
それとも、これらは全部ボツにして作り直そうか。。。
俳句は短歌以上に「見る目」が養われていないので、難しい。。。


夏川を彩る子供のクロックス

川床(ゆか)わたる風と君とを聴いてをり

木下闇おかしき話をして過ぎぬ

山寺にきらきらしき名の苔茂る

襟元をつめて眠れる蓮の花

厄除けのかはらけ弾く青葉かな
[PR]
by ami-cizia | 2009-06-21 10:35 | ことのは(言の葉)

難産

<先生>
絹糸の微笑で言祝ぐ先生に貫かれたまま在るわたしたち

締切ギリギリに言葉を絞りだしました。。。
明日はいよいよ歌会です。
みんな、どんな歌を作ってくるんだろう? ドキドキvvv
[PR]
by ami-cizia | 2009-06-10 22:44 | ことのは(言の葉)

苦戦中

17文字って短い。
でも31文字も難しい。
ほんのり分かったつもりでいた、「まとめかた」が完璧に分からなくなっております。
短歌もゼロからはじめているのだと自覚すべきだな、自分。

夏木陰 ひとりでふたりの 静けさが在る

新緑を通りし風に洗われて 見知らぬひとにも今は逢いたい

[PR]
by ami-cizia | 2009-05-05 23:32 | ことのは(言の葉)

糸瓜

糸瓜忌なので、子規の句でも。

赤蜻蛉飛ぶや平家のちりぢりに


蜻蛉? 蝶々じゃなくて?
と一瞬思うものの、寂寥感が出ないからやっぱり赤蜻蛉なんだろうなぁ。
目にも鮮やかな蜻蛉の背、夕日の紅、西の空の色?

一句のみでごめんなさい。
[PR]
by ami-cizia | 2008-09-19 20:31 | ことのは(言の葉)
林檎。

西洋の絵画では、「原罪」に結びつくもの。
「誘惑」もありかしら。

ただ、私は林檎から真っ先に思い浮かぶのは
雪のように白くて可憐な花と、
「はつ恋」のイメージ。
ひとのこころのうちの、いちばん柔らかな記憶のようなもの。

島崎藤村の詩によるところが多いのだと思う。
ほんのり色づいた、やさしい秋の実。
くちびるを寄せれば、爽やかで穏やかな香りがして、
かしりと齧れば、ういういしいような酸味のある甘さ。

だから、「雪よ林檎の香のごとくふれ」は
清らかで美しい恋の香りがする。
「林檎みどりに結ぶ樹の下」は熟れることもできないまま
青く時を止めた悲哀と美しさがある。

引用
[PR]
by ami-cizia | 2008-09-11 21:45 | ことのは(言の葉)

源氏v

大沢本が見つかったそうですね。
古典は中学・高校レベルでしか触れていませんが、大好きだったのでこういうニュースを聞くとわくわくします。
どんななんだろう?どこが違うんだろう?

そもそも定家本はかじったとも言えないくらいしか読んでいないけれど(瀬戸内さんの現代語訳メインで、+田辺聖子さん、少し与謝野晶子訳、あとは漫画)、急に原作への興味が…。
宇治十帖とか不思議がいっぱいだったし、かつ物足りないような思いもあるので、そこらへん加筆ないかなぁ。
なんて、素人の願望ですが。
モトがモトだけに、細かなニュアンスの違い程度なのでしょうかねぇ?
今後の研究紹介が楽しみです。
[PR]
by ami-cizia | 2008-07-21 23:10 | ことのは(言の葉)

薔薇の季節

青みの濃くなってきた空に、みずみずしい陽光!

という季節のはずですが、寒かったですね。
雨が降っていると凄い勢いで眠くなるので、今日は睡魔との闘いでした。
(途中、何度か敗退しました)

草わかば色鉛筆の赤き粉のちるがいとしく寝て削るなり
                               北原白秋


5月の晴天の下では、ブロンズ像も綺麗かもしれません。
地獄の門の前で、考える人のポーズを取り、カレーの市民を見る…あれ、見えたっけ?
位置的に見えたような気がするんだけど…忘れた。
とりあえず、西洋美術館の常設展に行こうと思います。
あと、久しぶりに日本刀とかも見たい。

結論としては、上野観光で決まり。
[PR]
by ami-cizia | 2008-05-10 20:14 | ことのは(言の葉)

旧作ですが。

お正月気分なのか、机の前に座る気が皆無。
かといってPCで遊んでいると、例の眼精疲労・頭痛・吐き気を再発するので(年末の不調はそれが原因だったかと…)、それ以外で建設的なこと…。

というわけで、建設的かどうかは甚だ怪しいですが、お正月っぽいことをしてみる。

・観葉植物の植替え
デスク上にあるこの子は、実にタフ。
私のいい加減な世話にもメゲることなく、また新芽を出しています。
その心意気や良し!ってことで(?)、植え替えることにしました。

・折り紙
簡易くす玉2つ、ちょっと面倒なくす玉1つ、飾り箱1つ、薔薇1つ…などなど。
久々に作ろうとしたら、なんだかすっかり不器用になっていて、指先が上手く動かない。
ちょっと悔しかったので、幾つも作ってたら……ムキになりすぎました。
さすがに100枚以上折ったので、爪をだいぶ有効活用できるように。

・歌の整理
昨年作った(あるいは作りかけの)短歌をノートにまとめる。
いやはや、作った時期のテンションが分かりやすすぎるって。
一昨年よりも退化している気がなきにしもあらず。


肋骨の真下にコスモがひとつあり「わたし」というもの飲み込まんとす

[PR]
by ami-cizia | 2008-01-02 20:23 | ことのは(言の葉)

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。


by ami-cizia