風の吹くまま

amicizia.exblog.jp

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。

カテゴリ:まひ(舞)( 51 )

ジゼル☆

東京バレエ団のジゼルを観てきました。

ジゼル役のディアナ・ヴィシニョーワは一幕の方が好きでした。
村娘姿、可愛い。
感情表現も外向きで、恥らう姿も、ふわり、とした魅力がある。
欧米の十代のイメージ。

狂乱のシーンも、明快で分かりやすい。
王道のジゼルって、こんな感じなのかな。
個人的には、現実と夢の間をたゆたうような、内向的で夢見がちな発狂も好きですが。

あと一幕は、パ・ド・ユィットの男性4人がかっこよかったな。
ジャンプの高さもそろっていて、気持ちよかった。
男性4~5人のチームで踊るのって、大会系な感じ。
見ていて元気が出る。

アルブレヒトは二幕で急にかっこよくなった。
ジャンプもピルエットも、ここが見せ場!とばかりに決めて見せてて、ぐっときた。
いや、黒マントを羽織って、白百合の花束を抱えて歩いてくる…という姿自体も好みだったし(笑)。

でも二幕で特筆すべきは、完璧にそろった群舞でしょうか。
思わず「ブラボー」と唇から声が漏れてしまうほど、乱れなく統制が取れて、整然と美しいウィリー達でした。
[PR]
by ami-cizia | 2011-08-18 00:16 | まひ(舞)

ロミジュリ☆

一幕冒頭では、果たしてジュリエットと恋に落ちるのか不安になるほどチャラいロミオでしたが、…仮面とマントが似合う男は何をしても許されると思いました(笑)
二幕以降、ジュリエット一筋なのも可愛いよロミオ☆

ロミジュリは舞踏会の音楽が大好きな上に、マスカレード付けてる人が多くて、ロミオ環(ホスト部の殿のようなロミオでした・笑)がかっこ良くて、キュンキュンしちゃいました。
ジュリエットも可憐で清楚で美しかった!
女性ダンサーは小悪魔タイプが好きな私なので、好みからは外れるのだけど、脚とか身体のラインがしなやかで美しくて、うっとり。

やっぱりバレエが好きだなぁ…
[PR]
by ami-cizia | 2011-06-25 15:21 | まひ(舞)
久しぶりのバレエ公演。

こうして、舞台のセットがあり、照明があり、オケもダンサーも揃い、観客が集まって幕が上がることの幸せをかみしめて、泣きたくなりました。
ほとんど何の被害もなかったのに、それなりに私もショックを受けていたみたいです。


アラジン、面白い!
特に二幕が盛り上がって楽しいっ‼
群舞がよく揃っていて、ミュージカルみたいな盛り上がり方で、夢中になっちゃいました。

プリンセスも二幕はキラキラしてて可愛くて、三幕では可憐な新妻、ラストは夫人、って感じで変化も面白かった。
あの印象の違いはどこから来るのかしら(笑)

来月は待望のロミジュリです。
バレエが見られるの、本当に嬉しいなぁ!
[PR]
by ami-cizia | 2011-05-02 21:02 | まひ(舞)

ラ・バヤデール

ニキヤっていう可愛い女の子とラブラブで愛を誓ったりしちゃってたソロルという青年が、
上司から「You、うちの娘と結婚しちゃいなよ」と言われ、
上司の娘が案外美人だったのでクラッときてウッカリ婚約、
邪魔者になっちゃったニキヤは上司勢の仕組んだ毒蛇に殺されてしまい、
「オレ、やっぱりニキヤを愛してたよ!」とか何を今更な後悔をしまくったソロルがニキヤの幻影を見ちゃったりしつつ、結局ずるずると上司の娘と結婚……しようとしたら、神の逆鱗に触れて。。。

というバレエを見てきました。(説明はかなり端折った・笑)
前から見てみたかったんだよね~。そう、今回が初鑑賞。


上司の娘のガムザッティが美しかった。
父親に紹介されて、ソロルと初めて会うシーンのキラキラした感じ。
ニキヤに「あの人と別れてよ」というシーンの、タカビーで交渉慣れしてない感じ。
主役ニキヤの恋を引き裂く一人ですが、この子も一途で可愛いと思うけどな。

対して、ニキヤには途中まで感情移入できず。
影の王国のシーンでは、幻影ニキヤにソロルへの愛も恋慕も、裏切りへの憎しみも悲しみも感じられなくて、
ニキヤってどんな子なの?ガムザッティの方が可愛いじゃん、と思っていたのですが
――最後の最期に、逆転ホームランでした。

夜が明けるように、光があふれてくるなか
静かに歩いていくニキヤ。

たったそれだけなのに、
ニキヤはこんなにソロルを愛していたんだ
というのが、凄く胸に沁みて伝わって、危うく泣きそうになりました。
何がどう良かったのか、と問われると困るのだけど…。

天上から降りてきて、また天上へ昇っていくニキヤ。
そこにはソロルへの憎しみや悲しみなんてなく、許しさえも感じられず。
血潮の流れる肉体を失って、肉体とリンクした全ての感情が消えているように見える。
それでも、彼女は「降りてきた」んだよね、ソロルのところまで。幻影の姿ではなく、相思相愛だったころの姿で。
魂そのものに「思い」が焼きついていたから…なんて、言葉にすると陳腐だけどさ。

最後にぐっとくる作品でした。
[PR]
by ami-cizia | 2011-01-16 00:33 | まひ(舞)

ザハロワ…見れず

無念なり。

代役の方も良く頑張っていたと思うのですが、アームスの動きが私の好みではなかったので、ちょっとしょんぼりです。
いや、これは本当に好みの問題だと思うのですが。

道化師が良かったです。
よく頑張ってる。
見ているだけで元気が出て、爽快な気分になるジャンプでした。
[PR]
by ami-cizia | 2010-01-17 22:50 | まひ(舞)

大好きでした。

ここで書いたのか、それとも誰かに話したのか忘れましたが。
小さい頃、マイケル・ジャクソンのテープが大好きでした。

スリラーとかかけると、狂喜して、車の後部座席で踊ってました。
あ、幼稚園の頃の話ですよ?
小学校に上がってからは…まぁ、自宅でひっそり踊ってはいましたが。(大差ない)

中学の頃も、ときどきスリラーのプロモを見直したり、来日コンサートを録画したビデオとか細かくチェックしながら、ダンス部の振り付けとか考えてました。
っていうか、真似できるのは、ことごとくパクってた(オイ)。
ジャネット・ジャクソンの女性らしくセクシーなダンスに憧れてもいたけれど、マイケルの鋭く、針で線を引くような、キレの良い動きは本当に好きでした。
どこに重心もってくれば、あんなに自由に鮮やかに四肢が動くんだろう。。。

私がある程度成長してからは、スキャンダルばかりが報道されていたので、何だか子供の頃のように無邪気に「好き」と言えなかったのだけれど。
数々の追悼番組で、昔の映像を見ていると、やっぱり好きだったなぁ…としみじみしてしまいます。


小学校低学年のころ、一番好きだったプロモ


もうずっと、好きなままでいようと思います。
[PR]
by ami-cizia | 2009-06-28 22:02 | まひ(舞)

Do da dancin'

今日はあまりにも心が荒んでいたので、4巻買いました。


4巻はアジュアー・ブルーの地に、ロミジュリ!!
しかも相手は三上くんじゃん、いつ帰ってきたんだ、この放浪っ子め!

再会の場面がロミジュリだなんて、ニクイです。
仮面した三上くんカッコイイ。
というか、仮面が好きだ。←なにその告白

龍一王子びいきの私として、なんでブランクありまくりでしかも怪我した三上?
とは思わないでもないけれど、ふたりのパ・ド・ドゥも見たいし。
それより猛禽類のようなウォンがどんなジークフリートになるのか楽しみです。
一歩間違うと、マジで狩人から必死に逃げる白鳥一匹の場面になりそうな…。
そんな白鳥の湖もリアルで楽しそうだけど☆
[PR]
by ami-cizia | 2008-08-30 23:41 | まひ(舞)

這ってでも

エトワール・ガラ観てきました☆

当日の明け方、割れるような頭痛で目が覚めるわ、
痛み止めを飲んだら胃液と水が逆流するわで、
相当ふらふらだったのですが、行きました。
ええ、おかゆ5匙で、灼熱の太陽にも負けず。

母親に「今日はやめとく?」と聞かれたとき、
力が入らなくて口もきけなかったのですが、
『愚問だな、行くに決まってるでしょ』
と私の視線が語っていたそうです。
うん、全く同じこと思ってた。以心伝心だね!

感想
[PR]
by ami-cizia | 2008-08-09 21:45 | まひ(舞)

ルグリー!!!

やったぁ♪

いよいよ来週に迫った、私の心のフェスティバル(え)
ルグリが出演するそうです。
わーい、生ルグリー♪
NHKの放送以来、ずっと生で見てみたかったんだ☆

どきどきどきどき。

ダンサー達の美しい脚を堪能して参りたいと思います。
[PR]
by ami-cizia | 2008-07-31 22:56 | まひ(舞)

どっちなんだ。

いよいよ来月に迫ったバレエ公演…とルンルンしながらサイトチェックしたら、モロー氏が怪我でドクターストップがかかってしまったとか。
み、見たかったのに…!! 残念。。。

で、フジテレビ系列の情報では、
代わりにルグリをはじめ4名が来日、とあり、
ル、ルグリが見られるのvvvと興奮したのもつかの間、
BunkamuraのHPではルグリの名前がない。

えー、どっちー?

まぁ、ルンキナとガニオさえ拝めれば……とはいいつつ、残念だなぁ。
はぁぁぁぁ。。。
[PR]
by ami-cizia | 2008-07-27 20:19 | まひ(舞)

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。


by ami-cizia