風の吹くまま

amicizia.exblog.jp

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。

カテゴリ:まひ(舞)( 51 )

筋肉痛は

動かせば治るんだよ、と小学生のころ習った教えを実践してみました。

1時間ちょい。バレエ入門へ。
私はマゾか?

いやはや。
久々の練習着姿はあらゆる意味でいたたまれなかったです。
もちろん、上にTシャツとスパッツ着て隠しましたが。
おかげで少しはマシだったはずですが。
でも…!
洋服で着やせすることの有難さと恐怖をしみじみと感じました。
(ヒップホップのクラスなどはジャージ参加ゆえ、まだ隠せるのです)

んでもって、鏡の中の自分は丸焼きにしてあげたいかんじでした。
ヒップホップも泣きそうでしたが、こちらも相当ダメージが…。
このカウントがズレてるヒト誰だよ、動きにキレが無さ過ぎるこの人誰だよ…あたしだよーっ(号泣)。

一つだけ良かったこと。
筋肉痛がほとんど治りました。
[PR]
by ami-cizia | 2007-03-10 19:45 | まひ(舞)

腰使いすぎて

マジで痛い。


「健全な精神は健全な肉体に宿る」よね、ってことで
今日は凹みきった気分を一掃すべくジムへ。

入門レベルのエアロビ(1時間)に参加して帰るつもりだったのだけれど、隣のクラスに超美人なお嬢さんがスタンバっているので、ついついそのクラスにも参加(典型的Oシンドローム)。
……そこは(好きだけど)苦手なヒップホップのクラスでございました。

私に著しく欠けている能力の一つに「リズム感」というものがあります。
今日はその欠落っぷりが思い切り露呈し、劣等感をひしひしと刺激され、スタジオから逃げ出したくなる時間を過ごさせていただきました。

ストレッチまでは良かったんだ。まだ。
だって、もともと柔らかいしね。
ただその後の、腰や胸を回すウォームアップあたりから雲行きが怪しくなり…。
腹筋・背筋がまるで無いので、アクセントがつけられず、その上、身体は柔らかいから、軟体動物のようにグネグネしてしまうわけですよ。
リズムなんて取れるはずも無く、みんながダウンでカッコよく決めているなか、ひとりグネグネする私。。。あああ。
すいませーん、蒟蒻ダンスとか海草ダンスなら得意なんですー。

鏡を直視できないほど、醜く下手糞な自分を涙目で見つつ、取れないカウントを必死で取り、あらゆる動作を腰だけで支え、腰だけで踏ん張って…。
ただいま腰痛絶賛進行中。痛いーー。

明日の筋肉痛が恐ろしいです。
結構、大腿筋も使ったからなぁ。
いい汗はかきましたが。でも冷や汗メインかな。
[PR]
by ami-cizia | 2007-03-08 21:36 | まひ(舞)

メンテナンス

身体の調整をしよう☆ということで、DVDを見ながらストレッチとフロアを60分。
でも、先日レッスンに行ったせいか、それと比較して明らかに物足りない。
説明の時間も多いしね。
あのDVDは筋トレはハードなのに(私にとって)、フロアは随分基礎的だ。
まぁ、基礎的だからイコール楽、というわけではないのは重々承知しているのだけど。
もっとこう、単調すぎないものがいいなー、と。

で。
ジャネットのDVDに切り替えたものの、今度は振り付けを知らないし、難しいし。
(ちなみにお気に入りはIf と You want this。Ifはプロモだとダンス以外のシーンが多いのが残念。エロくて(セクシーなんて生易しいものじゃない…!)かっこいい踊りなんだけどね。You want thisは魅惑的な女の子達の踊りがイイ。太腿の筋力と腰使いは練習の賜物なんでしょう)

で、結局、中学の時のカセットを出してきて、当時の練習曲等を踊ってみた。
1年の曲、2年の曲、3年の曲、中2の発表会の曲3つ、都大会・全国大会の自由作品3つ、都大会の規定作品。
規定作品を踊る頃には体力の限界か、脚がもつれ気味。
シャツが絞れそうなくらい汗かいてしまった。。。

いい汗をかいて心身ともにスッキリしたのと、身体中の筋がちゃんと伸びて気持ちよかったのは大成功なんだけど…ちょっと無理したのか、右足の付け根が痛いー。
そして筋肉痛が怖いー。
[PR]
by ami-cizia | 2006-06-14 22:22 | まひ(舞)

パブロフの犬

蒸し暑いと無性に踊りたくなりません?
全身運動して汗だくになれば涼しく感じる…ということではなく、単に蒸し暑いという状況が、練習中・または直後のスタジオの状態に近いから。いわば、条件反射。
まぁ、蒸し暑い時期に真面目に練習していた経験もありますが、それは遠い昔だし。(年齢が二桁になる前とか、中学時代とか)

あーでも中学とか本当に懐かしい。
夏に都大会、秋に全国があって。
当時は弱小校だったけど(いまは強いみたい☆)、でも真面目に練習してました。
選手に選ばれたくて、部活はほとんど休まず、家でも練習してたし。大会前はそれに合わせて身体も絞ったし。両手を床につけて片足を上げる振り付けがあったから、それは完璧に出来るようにしようと思って、壁を使って柔軟して、なるべく180度に上がるように調整したり(実際は170位だったけど)。
うーん、今の自分からは想像もできない勤勉さ。
…なんて、昔話をしているあたりでオバサンですね。気をつけよう。。。

ま、それはさておき。
話を戻すと踊りたいのです。
それも、ちょっとバカみたいにめちゃめちゃ踊ってみたい。
バー、柔軟、フロア、とやって。知ってる曲を踊って、知らないのを覚えて。
朝日が昇るまでオールで踊る。
スポ根モノなんかでよくある「絶対に身体には悪いだろう、やめとけそんな練習」の一種ですが、ナチュラル・ハイになって気持ち良さそうだよねー。

とはいえ、それは現実的には無理なので、今晩は従妹が蔵出ししてくれた(笑)、熊川君のDVDでも見て眠ることにします☆
[PR]
by ami-cizia | 2006-05-31 00:54 | まひ(舞)

大・興・奮!!

書きたくて書きたくてたまらない、だから書かせて!

『ファラオの娘』観てきました!!
ボリショイ・バレエ団の来日公演です。
(オフィシャル・ブログはこちら→http://blog.eplus.co.jp/bolshoi/)

素晴らしかった。

本当に良かったです。
権威ある批評家や目の肥えた鑑賞者のコメントに弱い私ですが、今日は誰がなんと言おうと断言する。
本当に素敵だったの。感動した!


アスピシア(ヒロインですね)役のマリーヤ・アレクサンドロワさんは容姿も踊りも申し分なく綺麗で、一つ一つのポーズがビシッと決まってました。脚の動きも華麗、そして超絶技巧。どうしてあんなに難しいことができるの?!
七変化どころか8回も変わる衣装も全て似合っていたし、1~3幕まで踊りとおしていたにも関わらず、最後のパドドゥなんかは凄く完成されていて、一瞬でも目を離すのが惜しいほど美しかった。
パンフやWebの広告にも使われている青のチュチュの衣装ももちろん素敵で、そこの踊りは最高に盛りあがったし、舞踏会バンザーイ♪みたいなノリで大好き!
愛の逃避行で着ていたやや簡素な感じも躍動的でいいし。ナイルの水底の場面では一転して、幻想的。
ああでもやっぱり、一番のお気に入りはラストのパドドゥ。
純白のロングドレスが脚のラインに合わせて舞い、ドレープがたおやかに揺れる様子が何とも言えずロマンティック。
王子のリフトもよく頑張っていて、胸がきゅんきゅんしっぱなしでした。

ウィルソン卿=タオール(いわゆる王子的存在)役のセルゲイ・フィーリンさんもとても上手で、?!*$#と思うような難しい跳躍や回転をこなし、息もさほど乱さずノーブルな空気を漂わせていたし。私が見ていたときは、着地したときいつも綺麗に五番(ポジション。型。)に入っていて、いやーんvvv、と訳の分からない興奮の仕方をしてしまいました。

ラムゼ(姫のお付の人)も良かった。音感が抜群に良かったと思うの。
音と踊りが気持ちよいくらいパッチリ合っていて、あの「ダンサーが音楽を響かせているみたい」という素敵な感覚を覚えたよ。柔軟性も瞬発力も素晴らしくて、グランジュテ(前後開脚でジャンプ)なんて180度以上開いていた気がする。お見事っ!!

ウィルソン卿の使用人役のデニス・メドヴェージェフさんもいい味出してたなぁ! ブリゼ(跳躍の一種。脚を打ち付けるもの)を激しく苦手としていた私から見ると、神としか思えないようなジャンプ☆ コミカルな動きも可愛い♪

唯一(?だったはず)の日本人ダンサーの岩田守弘さんは猿の役だったのだけど、これがまた良かった。しっかり観察されたのでしょう、動きが本当にリアルで素晴らしかった。動物園からつれてきたのかと思うような動き。

もちろん群舞も素晴らしかった。
衣装もダンサーの数も凄かった。全てに気合が入った舞台芸術作品を見たのだと思います。
(まぁ…辛口なことを言えば、大道具がもうちょっと頑張って欲しい気がしないでもないけど。でも他はケチの付けようも無いくらい好きでした)

色々な衣装を身に纏った人が整然と出てきて舞い、そして奥に厳かに在るファラオに一斉にひれ伏す様子は本当に絵になっていました。
(その瞬間に「後宮の華麗三千人 三千の寵愛一身にあり(長恨歌)」を思いだす思考回路をもつのは私だけでしょうか…)
その他にも「シャッターチャンス!!!」というような名シーンがいくつもあって、ああもう、本当に正面のいい座席取ればよかったー(号泣)。
前方であることを最重視したので、思い切り下手よりの端っこ席だったのですよぅ。
まぁ、ダンサーの表情は良く見れたし、脚の動きもばっちり見えたのだけれど。

あと。
最後のシーンがとてもとても好きでした。
これから見る人もいるかと思うので書きませんが、私はあの終わり方が気に入りました。
ちょっと書いちゃうと、アスピシアがすぅっ……とパドブレで去るシーンが……!!

…周りに人がいなかったら確実に泣いてました。

それくらい、がっちりハートをつかまれました。
ええそりゃ、最後にスタオベするくらいには。


今宵は古代エジプトに思いを馳せて眠ります。
アスピシアとタオールのパ・ド・ドゥが夢の中でまた見られたら、こんなに幸せなことはありません。

追記:同伴してくれたクラスメイトのH嬢が結構満足してくれたようで、それもまた嬉しかった☆そうよ、バレエって楽しいのよ♪ 一人でも多くの方がハマっていただけると嬉しいです。
追記2:今日が千秋楽だったのかぁ。道理でラストの盛り上がり方が尋常じゃないはずだわ☆ラクビは弾けた感じが楽しくて好きなので、二重に運が良かったわ♪
[PR]
by ami-cizia | 2006-05-12 23:19 | まひ(舞)

今からドキドキ

舌の根も乾かないうちに、自習室であきらかに「自習」じゃないことをやっていた私ですが、別に勉強から逃避してるわけじゃありません。
ただ、チケットを手に入れたかっただけです。

1時間半の格闘の末、『ファラオの娘』のチケットをゲット♪
うひひひひ。
ちょっと位置が悪いけど、とりあえずは前の方だから、脚が見えるんじゃないかと期待☆
今月末の公演も、キャストは脚のキレイな彼なので、楽しみ!

わくわくわくわく。
[PR]
by ami-cizia | 2006-04-22 12:17 | まひ(舞)

幕間&終了後に書き書き

【一幕】
王子が爽やかだー☆ 歯磨粉のCMに出られそうな感じ。
一幕に関しては、ストーリーはチラシ裏面の内容を把握してれば、充分に展開についていけると思う。あえて言うなら…リヤム、毎回あっさり殺されすぎ(>_<)
群舞でイケメン発見。いや、だって…ダンサーの顔形までバッチリ見える位置だから、つい。運動神経も抜群。ああ、可愛い&美しいお嬢さんもいっぱいで目の保養~♪
衣装は私は好きだったな。色遣いもデザインも悪くないと思うけど。むしろ好きな方かな。
一幕の転生後の舞踏会シーンはウェストサイドみたいだった。「マンボ!」と叫びたくなったのは私だけじゃないはず。
冒頭部分、舞台に近すぎたからか、ダンサー達がカウントとる声がたまに聞こえたのは気のせいでしょうか…f^_^; 音が取りにくそうなときに「ご・ろく・しち・はち」って(笑)

【二幕】
チラシしか読んでいない私には、ちょっとストーリーが分かりにくい。なんで木を甦らせなきゃならないのか不明。別に死ななくても…
赤いライト下での舞踏がよくわかんなかったー…と思ったら配役表発見。どうやら無法地帯と化した街らしい。なるほど…。ってことはそれをただすために自己犠牲?うーん…
リヤムの亡霊とカナヤの踊りはよかった。メッセージはなんとなくわかる。
ラスト、最後の最後でオケの女性の挙動不審な動きが気になって目をやったら、その間に幕が降りてしまった(T-T)←舞台には最後まで集中しましょう


【全体】ストーリーは少女漫画で読んだような展開だし、後半は意味が伝わりにくいけど、各ダンサーの質の高さに満足。橘るみさんのオーラ、伊藤友季子さんのみずみずしさ、吉岡まな美さんの雰囲気が個人的には好きでした。もちろんカナヤの田中祐子さんも素敵だったけど。男性は小嶋さんと森田さんは流石という気がしたし、マイレンさんのどこかコミカルな感じがお気に入りでした。
[PR]
by ami-cizia | 2006-03-17 22:20 | まひ(舞)

うわー

階下の特等席にて(バレエ)関係者の社交会開催中…。でも確実にわかるのは牧さんだけの自分が悲しい。
いーなー関係者…最高の席じゃん
[PR]
by ami-cizia | 2006-03-17 19:00 | まひ(舞)

来ちゃった☆

チケット売場のお姉様ブラボー♪オペラボックス、オケにかぶりつき。A席だけど残存S席より遥かに良し!!
パンフを見ていて気付いた…今日のリヤム役、以前ここで紹介した「王子」だ(^^)
ちなみに演目は「ア ビアント」です。さて。あらすじを復習しなくては!
[PR]
by ami-cizia | 2006-03-17 18:50 | まひ(舞)

今晩の舞台

観にいこうかどうしようか、迷ってます。
うーん…見たいけど…軍資金が…。
そして遊びすぎだよ、自分…。

でも、バレエ団の公演事務局のお姉様が
「オススメですっ!」って力説してたからなぁ…。
ストーリー的には、私好みであることは明白なんだよね。

うむむ、困った。
[PR]
by ami-cizia | 2006-03-17 13:30 | まひ(舞)

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。


by ami-cizia