風の吹くまま

amicizia.exblog.jp

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。

カテゴリ:まひ(舞)( 51 )

三つ子の魂

バレエ曲の集まったCDとやらをかけていたら、ある曲が始まったときに、耳がぴくんと反応。
タイトルを見るが、作曲家も曲名も知らない。
5秒後、原因が判明。

私が20年前に初舞台で踊った曲でした(笑)。

懐かしすぎる~!!
振り付けは、最初の2小節くらいしか覚えてませんが。
あと、最後がストゥニューだったこととか(当時、回転が入るのが嬉しくて仕方なかったので、それだけ記憶に残っている)

そうそう、そういえば、衣装がめちゃめちゃウェストがきつくて、苦しかったっけ。
紫のロマンティックチュチュは好きだったけど、呼吸が浅くなるくらいだったからなぁ。
幼児の健康には良くなかったと思う…
[PR]
by ami-cizia | 2005-11-28 21:36 | まひ(舞)
フィギュアのニュースが半端にネットで見られるものだから、熱が煽られて、でも演技は見られないので欲求不満が溜まってます。
むー。

せめてプルシェンコの写真だけでも見られないものかしら!
気を紛らわせようと昔録画したNHK杯のビデオを見ましたが、見たい選手がそんなに出ていないときだった上に、日本の選手もあまり本調子でないものだったので、余計にウズウズ感が高まってしまった。

で、テレビに切り替えたら、熊川君の『くるみ』をやっていて、次は興味がバレエへ移行。
熊川氏のジャンプ、ナマで見たいなぁ…。
でもKバレエカンパニーのチケット高いし…。S席18,000円は、なかなか踏ん切りのいる値段です。
ただ、そう言ってぐずぐずしていると、彼のジャンプ高度が低下していくおそれがあるので(←失礼な理由。でも切実。バレエは身体芸術だから)、近いうちに思い切って行こうとは思っているのだけれど…!

あー舞台見たい、フィギュア見たい、素敵な踊りが見たい、踊る人が見たい、そして自分も踊りたい!!

でも、最後の欲求だけでも満たそうとして自宅で踊ったら、足を手で掴む(ビールマンスピンのポーズ)ときにすら、バランスを崩しそうになって凹みました。体が硬くなってる…。左手で左足を掴むのは余裕だけど、右手で掴むのがちょっと苦しい。
中学生の頃は、自分の足で自分のポニーテールを蹴ってしまうくらい、背中が柔らかく曲がったのにー。明日から毎朝ストレッチしよう!(決意)
[PR]
by ami-cizia | 2005-11-27 23:29 | まひ(舞)

血が騒ぐ

近頃、寝起きが良くない。
正確には、起きた直後の体調が宜しくない。
我慢できないほどではないけれど、頭が重くて、ほのかに痛い。
うーん…肩こり? でも運動してるしなぁ…。
ストレス?

まぁ、そんなこんなで、授業がない日は起き上がる気になれない。
今日も昼近くまで寝た。
頭痛の原因は、案外「寝すぎ」かもしれないと思いつつ、テレビをつける。

あ、新体操だ☆☆☆

踊りを観るのは、どんなジャンルであれ大好きなので、そのまま鑑賞。
惜しくも三位だったベッソノバですが、私は彼女のダイナミックな演技が好きだったなぁ。
劇的な音楽を使って、さらに演技が華やぐなんて素晴らしいじゃないですか!
音と衣装と種具と、そして何より本人の演技と。
どれもがビシッと合って一つの作品になっているあたり、ヤグディンの演技を思い出しました♪

あー、私も踊りたいー。踊りに行きたいー。
とりあえずお金を貯めて、バレエのお稽古に行こうかな。
でも、HIPHOPというかジャズというか…ノリの良い曲で、音だけに全部任せてメチャメチャ踊りたいー!!一晩ぶっ通しで踊りまくってみたいー!!

はぁ。
そう言いつつも、今日は渋谷でボクの洋服買っちゃったよ。
チャイナ服(笑)。真っ赤なそれに身を包み、エキゾチックな雰囲気になったウチの子は、きっとすごく格好良くて可愛いだろうなぁ…と思ったら、つい。
でも黒のチャイナも格好良かったかなー。 毛の色がグレーなので、黒を着ると凛々しくなるのよね…←飼い主バカ 
[PR]
by ami-cizia | 2005-11-05 22:27 | まひ(舞)

さらに切実なお願い

どなたか長野とソルトレイクの男子フィギュアのビデオを貸してくれませんか…。
特にソルトレイクを切実希望。

急にヤグディンが見たくなって困っています(突発性ヤグディン症候群)。
見たい! 見たいの!
特にあの『仮面の男』が!!
オリンピック公式サイトの動画(アップされているのは、ショートプログラムのみ)だけじゃ足りないのー!!!

海外サイトで動画を見られるはずのところを見つけたんだけど、なぜかファイルが消えているし。
今すぐ見たい。
心は光の速さで、あの時の彼にひきよせられているのに。

ちなみに。公式サイトには、タラ・リピンスキーのショート・プログラムもアップされています。
彼女のジャンプが好きだったなぁ。
独特の氷削る音と、身軽で速い回転。

はー。
トリノこそビデオに録画しなきゃ。
でも…ヤグディンをオリンピックのリンクで見ることはないのだなぁ(泣)。
[PR]
by ami-cizia | 2005-10-21 22:30 | まひ(舞)

気分だけ5キロ減った。

久しぶりにお稽古に出る。
あああ…鏡の中の自分を直視したくなーい。
北国でさんざん食べまくった私は、そういえば最後にここに来たときより、+4~5キロである。
さすがにヤバイ…帰りたい…
…と思っていたら、先生がいらっしゃった。

――青と黒でバッチリとコーディネイトなさった…プリンス。

ぎゃあああ!!
どうしよう?!
そういえば、水曜のこの時間は王子クラス(注*1)だった!!

*1:王子クラスとは…このお教室の母体である某バレエ団のソリスト・I氏が、恐れ多くももったいなくも、ご教授くださるクラス。王子だけあって、すっぴん・練習着でも、ノーブルな雰囲気を漂わせておられる。


あああ…。
仔豚みたいな娘がまじっててごめんなさい~~!!
というか、王子にこんな姿さらしたくねーー!!
見ないで、来ないで、コメントしないでー!←レッスン受講者とは思えない発言

でも結局。
あらかじめ私が陣取っていた場所がど真ん中だったので、バーの間は王子と何度か目が合うことに。
まぁ、先生と目くらい合いますよ?普段から。 でも男の先生に習うのって小学生以来だし、妙に緊張する~~。
フロアにいたっては、回転のとき、視線の先に王子が立ってて、「はい、こっち見て♪」…と。
うわーん。悲しいのか嬉しいのか全然分かんないけど、とにかく泣きたいー! 恥ずかしいー!


1時間半のお稽古だったけど、終わる頃にはヘロヘロ。
でも、その身体に鞭打って、続けて次のクラスも受講。
さすがに最後のほうは脚が動かなくて、パ・ドゥ・シャがクッペ2回になるという有様だったけど、楽しかった☆

とはいえ。
体重が重すぎて脚に負荷がかかりまくりました。 帰り道を歩くのに、普段の3倍は時間がかかったよ…。
[PR]
by ami-cizia | 2005-09-21 23:45 | まひ(舞)
踊ることは本当に好き。
さっぱり上達していないことを自覚しつつ、でもずっとずっと好き。
これから先、死ぬまで好きだろう。
だからこそ。趣味としてしか関わっていないのに、踊ることで悩むこともある。

音感や運動神経に関しては、小学生になる前から諦めているので今更。容姿も同様。
自分が「向いていない人間」であることは、小学生になる前から分かっていた。
でも、表現すること――踊り自体は、そういう先天的なものだけじゃなくて、経験的な要素や人間性も構成要素のはずだ。

だが、私の踊りは、幼い頃からずっと同じ短所を抱えたままだ。
それは型に嵌っていて、
小さな立方体の箱の中で踊っているみたいで、
何を踊っても似た雰囲気になる。

要は、「枠からはみ出せない」。

踊りは、踊り手のあり様を反映する。それは、私のようなヘタッピでもそうなのか・・・
なんともコメントしようが無いくらい、私の踊りに対する評価は、私自身への痛烈な指摘だ。
[PR]
by ami-cizia | 2005-09-11 23:29 | まひ(舞)

あなたのファンより

ぼんやりとTVを見ていたら、するりと鮮明に耳に流れ込んできたBGM。
うわ~、懐かしい!! これ、中2のとき、都大会の自由作品で踊った曲だよ~!!
振付も微妙に覚えてる。完璧ではないけど。
雨だれが弾けるような表現が楽しくて、そのパートを創った仲間のセンスが本当に羨ましかった。
私は振付け出来ない人だから…。

振付をしてみたいという気持ちは、もちろん湧いたりする。
曲を聴いて、身体を動かしたくなることだって勿論ある。
でも、結局、私の身体はいままでに習った振りのつぎはぎしか踊らない。
独創的な動きを…なんて思ってみても、腕ひとつ動かせない。

私が羨ましがっていた彼女は、翌年も何とも素敵な振付をしてくれた。
高校でも同様。
いいな、いいな。
自分の好きな曲で、こんなにカッコイイ踊りを振付けて、踊って。
絶対、ぜったい楽しいだろうな。

どうやら大学では踊っていなかったみたいだけど、彼女にはまた踊って欲しい。彼女の踊りを見たい。
その性格を反映したような明るくて伸びやかで、でも現代的にキビキビした動きが、私は本当に大好きなのだ。
本人には気恥ずかしくて伝えられないが、中学生の頃からそう思ってる。
[PR]
by ami-cizia | 2005-09-08 20:25 | まひ(舞)

雀百まで

今日は、阿波踊りを観てきた。
正確には、外出したらお囃子の音が聞こえたので、引き寄せられていったら阿波踊りをしていたので、そのまま楽しんだというべきか。

ちびっこ達が、「どんどん」とか太鼓の音にあわせて歌いながら、見よう見まねで踊る姿に、激しくデジャ・ヴを覚える。
直立二足歩行をするようになった夏に、盆踊りの輪に入っていった私も、あんなだったのだろうか。
いまでも、理性なんていうものに縛られなければ、間違いなく一緒に踊っていたと思う。
ああ、大人ってつまらない。

それにしても、阿波踊りというのはなかなかにハードな踊りだ。
下駄を履いている女性のが特に。
彼女達は、下駄の先と下駄の前の歯だけ地面につけてを(つまり、ずっとつま先立ちのまま)、腰を落として踊るのである。
微妙な前傾姿勢といい、あれは太ももの前側とふくらはぎにかなり負担がかかるのではないだろうか。

踊っている人の中に、幾人か、「あ、この人はクラシックバレエを習っていたんだろうな」という人を発見。
重心や手先の動き、ターンの仕方…些細なことだが、やっぱり違う気がする。
団扇を使って踊っていても、彼女らのは扇子を使ったタカビーな踊りに見えてしまうのも面白い。

踊り手の中には、人前で踊ることに慣れていないような人もいて、センターやソロだと照れ笑いしていた。
まー、確かに真ん中は目立つし、知り合いがいると気恥ずかしいよねー。
でも、踊り手が照れると、観ているほうはもっと恥ずかしくなる。
ギャグのダンスを舞台でやったときに、「一瞬でも照れるな!」と叫んでいた先輩の言葉に改めて納得。
こういうことだったのね。

それにしても。
暑い日に、太鼓を打ち鳴らし、血が騒ぐままに踊るのはきっと気持ちが良かっただろうなぁ~。
うらやましい~。


……本当は、踊りを観ている場合じゃなくて、レポート書かなきゃいけないんだけれどね。
まぁ、今晩は徹夜決定さ。
[PR]
by ami-cizia | 2005-08-07 19:58 | まひ(舞)

やっぱり好きvvv

今日は院で某教科の模試があり、明らかに周囲の人々と異なる珍解答を書き、そのうえ、二重線で消しまくったり、挿入しまくったり、挙句の果てには解答用紙の裏面を使うという非道なことを実行し、そのまま教授のところへ土下座しに行こうかと思うような大惨事でした。
思い出すだけでも、つらい…。

でも、過ぎたことを悔やんでも仕方なし。
と、気持ちを完璧に切り替えて、今日も踊りに行ってきました♪
クラスの皆様、宴会に出なくてごめんなさい!!
でも木曜日はお稽古の日なんだよぅ。

今日の先生は、先々週ここに紹介した、例の超可愛い先生でした。
前回も「先生、誰かに似ている…」と思っていたのですが、今日分かりました。
『優花』ちゃんに似ているんですよ!
もう可愛いのなんのって…♪(←オヤジ)

あと今日は、生徒さんにも、初めてお目にかかる可愛い人がいました。
肌が白くて、華奢で、顔立ちはヨーロピアン美少女。
踊りは可憐で(もちろん、めちゃめちゃ上手い)、姫オーラが出てました。
自分が踊っていないときは、ひたすら見とれてしまいました。
かーわーいーいーvvv(メロメロ)


以下、例によって、不親切に専門用語使いまくるので、ご容赦を。

(なお、先生が優花ちゃんに似ているので、ここでは先生を「ゆうか先生」と呼称することに決定。)

①腕を張りましょう♪
バーをやっているとき、フロアのとき、どちらにおいても、私は片足(ルルベで)のキープが出来ない。いや、無理すれば出来るけど、なんというか足首の筋肉に変な負担をかけてしまっていたのですよ。
で、今日、ゆうか先生に言われて分かったこと。
腕を張ると、必然、上体が引きあがり下半身がすごく楽になる!
前回の「腕の中に身体を入れる」と同様、腕や手を意識することで、こんなにも体が動かしやすくなるのか!と、新発見した気分。

②頭の位置に注意!
頭は重いので、体の別のパーツも影響を受ける。
頭の位置を移動させるとき、下に頭を向けるとつんのめるので、上を通したり、胸の上を経由させる。

③メリハリをつけてゆったり☆
上述した生徒さんの動きが、とてもゆったりと伸びやかで、おおらかだったんですよね。
で、音をゆっくりとっているのかと思ったけれど、それだけじゃない。
たしかに音もじっくり使っているのだけれど、次のステップに行く前の準備や、ピルエットのときにパッセに移行するまでの動作などは、さりげなくスパッと速いんですよね。で、「見せるところで魅せている」んですよ。
あと、顔のつけ方がいい♪
(↑彼女が踊っている間、その後方で動きをシンクロさせて習得しようとしていた私。すこしは優雅になった…気がする。たぶん)

④適度に脱力して豪快にジャンプ!!
力を入れすぎると身体も重くなるし、飛べない。
前回、「腕の中に身体を入れること」で、私が楽に飛べたのは、たぶんそれを意識することで、上体だけで踏ん張ろうとしなくなったから、余計な力が抜けていたからだろう。
確かに、脚を宙に放り投げるように飛ぶと、体感重力が、急に弱くなった。


はぁぁ。
踊るのって、楽しい!
そして、やっぱりバレエが一番気持ちがいい~♪
ヒップホップもジャズも好きだけど、それでもバレエが最愛。
ふふふふ~(←幸せ満喫中)
[PR]
by ami-cizia | 2005-06-24 00:39 | まひ(舞)

鹿児島産

今日もバレエへ行ってしまった。
民法の予習も終わっていないのに、我ながら大した度胸である。
(明日は早起きしなきゃ)

というか、正直なことを言うと、レッスンのチケットを購入したまま放置していて、なんと気づいたら期限が来週に迫っていたのだ。そんなわけでジタバタと駆け込み稽古(?)しているわけである。

今日も先生が美しかった。
昨日の先生もそうだが、何を食べたらあんな体型になれるのだろう。
八頭身、いや九頭身。しかも美人。
さぞや両親、いや先祖代々の遺伝子が素晴らしかったのか、あるいは前世の行いが良かったのか(笑)。

以下、またマイナーな話になるので、興味がない方はスルーしてください。





今日は筋肉痛ゆえか、思うように体が動かなかった。
バーは昨日より内容的には易しかったようだが、ともすると、重心がふにゃんと下に下がってしまって、何度も注意されてしまった…。
腹筋と背筋が怠けまくっていて、バランスも全然取れず。

それにしても、ルルベの状態が続くアダージオなんて、無理です、先生。
軽々とやってみせて、にこりと微笑んで、「簡単でしょ?」と仰られても・・・。
結局私はア・テールでやらせていただきました。
私がルルベでやったら、バラバラ事件(体がひとつにまとまらずに体勢が崩壊する)が起きます、絶対。
もしくは、バーにしがみつきます。
ええ、それこそ、カルネアデスの板にすがりつく溺れた人のように!

昨日に比べて進歩したところを挙げるとすれば、脚が少しアンドゥ・オールになったこと。
まぁ、さすがに、二日連続だし。

ジャンプも振りがなかなか覚えられなくて、一人間違えて悪目立ちしてしまいました・涙。
悔しいーーっ!
明日あたり、学校で人がいなかったら(復習もかねて)跳んじゃおうかな…。

それにしても、今日は精神的なダメージが大きかった。
昨日も、自分の見苦しい姿に少なからぬショックを受けたのだけれど、今日は鏡を見るのが辛すぎた。

いや、実は、体型を少しでも隠そうと重い、今日は黒ずくめのウェアにして、そして黒のサウナスーツを着込んだんですよ。
これで体のラインが露呈しないわ♪・・・と思いきや。

すいませーん、白鳥の群れの中に、鹿児島から逃げ出した黒豚が混じってます~!!

黒豚=私。
隠せば済む、なんていうレベルの問題ではなかったようです・涙。
[PR]
by ami-cizia | 2005-06-10 22:54 | まひ(舞)

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。


by ami-cizia