風の吹くまま

amicizia.exblog.jp

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。

<   2005年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ダイエット日記

を歩いていたらもらった。
道端で配布するのね、こんなものも。

というか、これをわざわざ下さるくらい、今の私は客観的に危険水域(なぜ水?)なのでしょうか…と、ちょっとブルーになった。

とりあえず、今日の分は書いてみた。
これから3ヶ月間。
果たして、効果のほどは…?
(忘れていなければ、2005年末に成果を投稿…予定)
[PR]
by ami-cizia | 2005-09-30 17:42 | にき(日記)

鼻栓は許されるか

鼻水が止まらない。
エアコンの関係なのか、授業中そして現在自習室でも、既述の症状に悩まされている。
正直、鼻栓でもしてやりたい。
しかし、それを実行するには人目が多い。
しかも知り合いばかり。
このような状況で勇者になれるほど、私は勇敢じゃない。

鼻をかみすぎてトナカイみたいだけど、笑わないでクダサイ・・・
[PR]
by ami-cizia | 2005-09-29 14:41 | にき(日記)

蚊に刺されまくって

かゆい、かゆい、かゆいー。
合宿先で刺されたのかなぁ?
キンカンのお風呂に入りたいくらい、かゆい。
[PR]
by ami-cizia | 2005-09-27 22:24 | にき(日記)

内輪ネタ

ただいま。
某ゼミ合宿に行って参りました。
いろいろすっごく面白かったので、以下、箇条書きに。

・MSDSとマニフェスト比較など

・先生の本が面白い。来年出版予定。地環の卒業生は読むとスッキリするかも。

・「お好みソーダ」という名のカクテル。
美味しそうだが、この正式名称は「お好み焼きソースソーダ」。
…どんな配合しちゃったのよ???

・その後のカクテルはなかなか美味。
昨年のゼミ論仲間と深夜までお喋り。この子達、やっぱり面白すぎる!

・同室の女性陣がナンパ(?)され、部屋に他大のゼミ生が『一緒に飲もうよ~』とおしかけてきた。ヤダよ。寝かしてくれ。もう3時だ。
ちなみに、うちの男性陣に追い払ってもらいました。

・ゼミ論中間報告会のために朝早くから駆けつけたOB達。
よって、この日のOB/OGは
○水さん、新○さん、ア○○ィー、り○さん、○マ○グ。
最後の二人は癒し系だけど、り○さんは冷静なツッコミをお入れになるし、
最初の三人は言うまでもなく、ビシバシとコメントなされる。
というか、メンバーの顔見ただけで、
「私がゼミ生なら、絶対ビビりまくってる!」と思いましたヨ。
なんて濃ゆいメンバーなんだっ!
無責任な私は、彼らの的確なコメントと先生の鋭い問題提起に、ただただ
「ほぇぇ~」とため息を漏らしておりました。

・例によって例のごとく、帰りは寄り道をして温泉へ。
露天風呂最高! 眺めが素晴らしい! 曇ってるけど、でもいい!
美肌になった気がする。
[PR]
by ami-cizia | 2005-09-26 21:17 | にき(日記)

何てこったい!

「環境基準」という言葉を見て、「排出基準」の定義を頭に思い浮かべてしまった。
こんなこと怖くて先生には言えません・・・。
Nちゃん、Iくん。先輩、貴方達に会えない・・・。
[PR]
by ami-cizia | 2005-09-25 07:53 | にき(日記)
水曜日に頑張りすぎた。
歩くのにとても苦労したのは、単なる疲労だけではなかった模様。

足の裏が痛いから、水ぶくれかな~?と思っていたら、内出血(?)だった。
中指の下、体重がかかるあたりが赤黒い。血豆のマメじゃないかんじ。

足の怪我は、慣れているといえば慣れている。
足の指の皮がめくれるのも、水ぶくれも、多少の出血も。
かかとの靴擦れも割りと平気。
足の裏も水ぶくれなら、つぶしてしまえばおしまいだから(あれ?違う?)、問題ない。

ただ、今回のは慣れない。
しかも足の裏だけに、黒子なんかになったら厄介だし。
歩かないようにと引きこもっているけど、それでも足を庇って生活しているせいか普段使わない部位がいや~な感じに筋肉痛。
あー、早く治らないかな!

現在、患部に負担をかけないようにする処置を鋭意研究中。
いまのところ、ゼリー状の「マメ・タコ用絆創膏」が一番痛みを薄くしてくれるみたい。
[PR]
by ami-cizia | 2005-09-23 20:59 | にき(日記)

気分だけ5キロ減った。

久しぶりにお稽古に出る。
あああ…鏡の中の自分を直視したくなーい。
北国でさんざん食べまくった私は、そういえば最後にここに来たときより、+4~5キロである。
さすがにヤバイ…帰りたい…
…と思っていたら、先生がいらっしゃった。

――青と黒でバッチリとコーディネイトなさった…プリンス。

ぎゃあああ!!
どうしよう?!
そういえば、水曜のこの時間は王子クラス(注*1)だった!!

*1:王子クラスとは…このお教室の母体である某バレエ団のソリスト・I氏が、恐れ多くももったいなくも、ご教授くださるクラス。王子だけあって、すっぴん・練習着でも、ノーブルな雰囲気を漂わせておられる。


あああ…。
仔豚みたいな娘がまじっててごめんなさい~~!!
というか、王子にこんな姿さらしたくねーー!!
見ないで、来ないで、コメントしないでー!←レッスン受講者とは思えない発言

でも結局。
あらかじめ私が陣取っていた場所がど真ん中だったので、バーの間は王子と何度か目が合うことに。
まぁ、先生と目くらい合いますよ?普段から。 でも男の先生に習うのって小学生以来だし、妙に緊張する~~。
フロアにいたっては、回転のとき、視線の先に王子が立ってて、「はい、こっち見て♪」…と。
うわーん。悲しいのか嬉しいのか全然分かんないけど、とにかく泣きたいー! 恥ずかしいー!


1時間半のお稽古だったけど、終わる頃にはヘロヘロ。
でも、その身体に鞭打って、続けて次のクラスも受講。
さすがに最後のほうは脚が動かなくて、パ・ドゥ・シャがクッペ2回になるという有様だったけど、楽しかった☆

とはいえ。
体重が重すぎて脚に負荷がかかりまくりました。 帰り道を歩くのに、普段の3倍は時間がかかったよ…。
[PR]
by ami-cizia | 2005-09-21 23:45 | まひ(舞)

そして、現実

ただいま。

昨日はよろめきながら睡魔と闘い、ちゃんと就寝時間を通常に合わせました。
とはいえ、今朝10時まで意識がなかったから、微妙だけど。
でも時差ぼけてる暇はない!
やりたいこと・やらなきゃいけないことが目白押しな今週。

ちなみに、昨夜は踊りにいくつもりだったのですが、出かける直前に足の関節に鈍痛が…。
半分寝ぼけた頭で、「そうまでして踊りに行くなんて、私は○ゾか?」自主突っ込みをし、疑惑を否定するためにお稽古は休みました。
でも、今晩は行くけど。


急に現実が襲ってきて、眩暈がしそうです。
実際、帰宅直後はスーツケースに座り込んで、1時間ぐらい呆然としてました。
いや、現実をね…いろいろ直視しちゃって。
でもメゲるな自分。

とりあえず、今週の最大・最重要ミッションは合宿の準備。
このうえ更に、本業と関係ないことするのか? という冷静な突っ込みはご遠慮願います・笑。
たぶん、私の将来とはリンクしているはずなので。
[PR]
by ami-cizia | 2005-09-21 17:15 | にき(日記)
犬の散歩をしていて、つくづく思ったこと。
それは、自分がとても満たされているということ。
今年の夏休みは、大好きな美術館に行けたし、美しい景色も見た。
きれいなものの記憶がいっぱいで、くつくつ笑いたいくらい幸せ。
それに、何よりここには愛すべき家族がいるし。
私の持たないものや思い通りならないことは、世の中にゴマンとあるけれど、
そんなことはこの満足感と関係がない。
そんなことくらいで、この完璧な満足感は変わらない。

でも、すごく不思議で、そしてすごく当たり前のことだけれど。
この完璧に幸せな状態も、
いま、このときだから、幸せなのだと思う。
高校時代の私が今ここにいても、ここまでハッピーにはなれなかっただろう。
それにこの最高に幸せな状態も、5年、10年続いたら、それはそれで幸せじゃない。
その時々のかたちで、それぞれの人らしい幸せが、本当に幸せなんだろう。
[PR]
by ami-cizia | 2005-09-18 23:26 | にき(日記)

ベランダにて

こちらに滞在するのもあと僅かとなった。
力いっぱい満喫しようと、現在進行形で頑張っている。

まず、起床は10時。
涼しい(むしろ寒い)状況下での惰眠。
そして、傍らにはしばらく会えなくなる愛犬。
ぎゅうぎゅう抱きしめると文句を言われたが、彼も寝ぼけているので多少のイタズラは大目に見てもらえる。

適当にブランチを食べて、ベランダへ。
今日はこのまま夜までここにいる予定だ。
膝の上には毛布、ノートパソコン、愛犬。
左のテーブルには、紅茶、日焼け止め、諦め悪くハリポタと電子辞書、とっても綺麗な刑事訴訟法。
確実に手を触れるのは、最初の二つだけと見た。

聞こえるのは、遠い道路を走る車が一、二台。
あとは、林から鳥の声。
ここに来たときと同じに見えて、でも木々は、黄色く、あるいは橙色に変わり始めている。

眼下に広がる海は、真昼の光を浴びて、その水面に幾筋もの光の糸を走らせている。
蜘蛛の糸や打ち網のように張り巡らされたその上には、既に白い三角ヨットがいくつも絡まっていた。
太陽の糸に雁字搦めになりつつも、三角ヨットたちは憂いもせずに、残り少ない夏を謳歌している。

刷毛でサラリと描いたような雲と、千切った綿飴みたいな雲は、時間をとめたように動かない。
時の経過を感じないけど、でも犬の耳がそよそよと風に揺れているから、
離れたところで芝刈り機の音がするから、
やっぱり時間は経っているんだろうけど。



うーん…気持ちいいけど、やっぱり寒いな。
あとで紅茶を淹れなおすときに、ついでにフリースの上着を着てこよう。
確実に風邪が悪化してしまう。。。

そうそう、ハリポタといえば。
「ついうっかり」、ネタバレしているサイトを見てしまったため、読むインセンティブがぐぐっと減っている。しかも、3章までは自力で読んだんだけど…クライマックスが、そのときに予想したのと合致していた。
あんまり書くとネタバレになるので、自粛。 ああ、でも叫びたい。
****-!!
[PR]
by ami-cizia | 2005-09-17 14:13 | にき(日記)

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。


by ami-cizia