風の吹くまま

amicizia.exblog.jp

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。

<   2008年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

明日から社会人

いよいよ明日は社会人デビューの日でございます。

た、体重がいつの間にか戻っている上に、なんか増えている気がするんだけど、スーツ入るのかな…。
一抹の不安(笑)。

しかも夜は歓迎会をして下さるそうで、有難くもいきなり緊張の連続です。。。
失礼のないようにしなければ。
どきどき。
[PR]
by ami-cizia | 2008-11-30 20:59 | にき(日記)

ローマ2日目

データが取り込めないなら、携帯から投稿すればいいじゃない、とか気づいて
まぁ、そこまでして旅行日記アップしなくても…とも思ったんだけど、
西にお住まいの某嬢のコメントが嬉しかったので、やっぱり書くことにしました♪
写真も撮っただけだと忘れちゃいそうだし。

ローマ二日目
[PR]
by ami-cizia | 2008-11-28 10:44 | にき(日記)

石鹸彫り

d0068351_21174866.jpg

d0068351_21174835.jpg

挑戦してみました!
[PR]
by ami-cizia | 2008-11-25 21:17 | にき(日記)

ローマ初日

PC…というより、外部接続のディスク読み込みの調子がおかしいので、写真のアップはできませんが、とりあえず旅日記はじめてみます。
完全に自己満足のために書いているので、興味のない方はスルーでお願いします。

ローマ1日目
[PR]
by ami-cizia | 2008-11-24 19:55 | たび(旅)

ただいま☆

昨日、ローマから帰国しました。

13日から21日までだから、8泊9日だけど、まぁ現地で遊びまわれたのは実質6日間。
6日間ひたすらローマ。
一日だけ、郊外のティヴォリまで電車とバスを乗り継いで遠征しましたが(片道1時間半~2時間)、他は基本的にローマとバチカンのみで、メトロを数回使用した以外は徒歩で頑張りました。

…なのに体重が減ってないんですが。
正確には500グラムくらい減ったのですが、まぁ誤差の範囲だよね、これ。
でも体脂肪率はかなり下がってた。
そして、今日、地元の図書館まで歩くとき、驚くほど近くに感じた。
――脚力がついたのか、やはり。

気が向いたら、旅行日記アップするかもです。
友人としたイタリア旅行ほどではないですが、今回も個人的には「経験値の上がる」旅行でした。
[PR]
by ami-cizia | 2008-11-22 15:58 | にき(日記)

逃亡します!

フライトもホテルも昨日とりました。世の中便利になったものです☆
[PR]
by ami-cizia | 2008-11-13 13:12 | にき(日記)

ケルン

に行きたいんだよね。
でも行きにくいんだよね。

フランクフルトから鉄道か。
あるいはデュッセルドルフから鉄道か。

うーん…でも、きっとケルンだけじゃなくて、アーヘンとかボンとか
ついでとばかりに行きたがって、なんだかんだで疲れ果てそうだな。
しかも、自力で手配できる自信がない。語学力が、特に。

どなたか私をドイツに連れてって♪
英語とドイツ語が堪能な方を募集中。
[PR]
by ami-cizia | 2008-11-10 20:44 | にき(日記)

企業法務体験会

司法試験受験生や修習生の就職支援をしている会社のセミナーに出て参りました。

ケーススタディを通して、企業法務に求められる能力や考え方を理解するというものだったのですが、出てよかったと思いました。
法務部に自分が行くのかは分かりませんが、働く上で必要だろうな、ということにも何点か気づくことができたし。
まぁ、ありえないほど私が常識知らずだったということは…恥ずかしい記憶とともに、ちゃんと勉強しよう、という気になったのでよしとします。


それにしても、今日は冷えますね。。。
[PR]
by ami-cizia | 2008-11-09 14:46 | にき(日記)

食べすぎ。

ダイエットをしなきゃ、とか言っていたのは何処のどいつだい?

アタシだよ。。。。。


今日も今日とて食べ過ぎました。
ここのところ美味しいものに走りすぎです。
食欲の秋とはいえ、ちょっとこれはマズイのではなかろうか。
こんなに動き回っているのに、体重が一向に減っていないのもオカシイ。
まぁ、増えていないからいいのかな。

でも濃紺のスーツが入らないと困るので、やっぱり少し絞らないと。。。
[PR]
by ami-cizia | 2008-11-08 18:51 | にき(日記)

音楽のない詩情?

ハンマースホイ見てきました。

個人的な感想ですが、不自然に音がない絵画だと思いました。
階下にある同時代の別の画家の作品を見るとその差は一目瞭然。
彼らの絵からは音楽が聞こえてきそうですが、
ハンマースホイの絵は「無音」という音しか聞こえない気がします。

あ、でもそれは決して詰まらないということではなく。
まぁ、あまり見ていてウキウキ楽しくなる絵画でもありませんが。
視線が吸い寄せられるような、絵を見るために目を使っているようで自分の内側を使っているような、そんな気分になる展示会でした。

美術館に行く前に歩きすぎたので、ちょっと疲れ気味。。。
めずらしく淡白ですが、今回の感想は以上。
あとで書き足すかもしれないけど・笑。
[PR]
by ami-cizia | 2008-11-07 17:02 | うるはし(麗し)

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。


by ami-cizia