風の吹くまま

amicizia.exblog.jp

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ラ・バヤデール

ニキヤっていう可愛い女の子とラブラブで愛を誓ったりしちゃってたソロルという青年が、
上司から「You、うちの娘と結婚しちゃいなよ」と言われ、
上司の娘が案外美人だったのでクラッときてウッカリ婚約、
邪魔者になっちゃったニキヤは上司勢の仕組んだ毒蛇に殺されてしまい、
「オレ、やっぱりニキヤを愛してたよ!」とか何を今更な後悔をしまくったソロルがニキヤの幻影を見ちゃったりしつつ、結局ずるずると上司の娘と結婚……しようとしたら、神の逆鱗に触れて。。。

というバレエを見てきました。(説明はかなり端折った・笑)
前から見てみたかったんだよね~。そう、今回が初鑑賞。


上司の娘のガムザッティが美しかった。
父親に紹介されて、ソロルと初めて会うシーンのキラキラした感じ。
ニキヤに「あの人と別れてよ」というシーンの、タカビーで交渉慣れしてない感じ。
主役ニキヤの恋を引き裂く一人ですが、この子も一途で可愛いと思うけどな。

対して、ニキヤには途中まで感情移入できず。
影の王国のシーンでは、幻影ニキヤにソロルへの愛も恋慕も、裏切りへの憎しみも悲しみも感じられなくて、
ニキヤってどんな子なの?ガムザッティの方が可愛いじゃん、と思っていたのですが
――最後の最期に、逆転ホームランでした。

夜が明けるように、光があふれてくるなか
静かに歩いていくニキヤ。

たったそれだけなのに、
ニキヤはこんなにソロルを愛していたんだ
というのが、凄く胸に沁みて伝わって、危うく泣きそうになりました。
何がどう良かったのか、と問われると困るのだけど…。

天上から降りてきて、また天上へ昇っていくニキヤ。
そこにはソロルへの憎しみや悲しみなんてなく、許しさえも感じられず。
血潮の流れる肉体を失って、肉体とリンクした全ての感情が消えているように見える。
それでも、彼女は「降りてきた」んだよね、ソロルのところまで。幻影の姿ではなく、相思相愛だったころの姿で。
魂そのものに「思い」が焼きついていたから…なんて、言葉にすると陳腐だけどさ。

最後にぐっとくる作品でした。
[PR]
by ami-cizia | 2011-01-16 00:33 | まひ(舞)

浜離宮

d0068351_14143954.jpg

バレエ公演まで時間を持て余したので、ふらりと行ってみました。

こういう都心の中の公園って好き。
すぐ近くに現実がある感じが、場所の異空間っぽさを高めてる。

西湖の堤側から橋わたる時に、湖面を歩くような気分になったり
十月桜の咲くところだけほんのり暖かく感じたり…
なかなか良いお散歩でした♪
[PR]
by ami-cizia | 2011-01-15 14:14 | にき(日記)

免疫力低下中

週末は久々に38度オーバーだったり、
頑張って出社したものの結局早退したり、
帰社後ぐったりと寝込んでこんな時間に目が覚めてしまったりしている今日この頃。

平熱よりやや高い体温だからか、異様に眠いし、疲れやすい。
うーん、私ってこんなに体力なかったかな。。。

とはいえ、今日はグループ会社の皆様とお会いする貴重な勉強会なので、
夜の懇親会まで頑張らないと。
…ユンケル持参しようかな。。。
[PR]
by ami-cizia | 2011-01-13 00:30 | にき(日記)

比べて、深まる愛

オペラの勉強会、出てきました。

面白ーい♪
台本作家と作曲家と歌手と。
どんな仕事をしていて、観客にどんなアプローチをして、舞台をどう盛り上げようとしているのか、とか。
全く知らない世界なので、凄く勉強になる。
舞台の構成(曲調の変化、場面展開、構成員の増減など)とか考えたことなかったけど、言われてみれば「確かに工夫されてるじゃん!」って気づく。

と、同時に。
オペラの話を聞いているのに、脳内でついついバレエと比較しちゃう。
でもって、「あああ、バレエが観たい~~~」ってウズウズする。
あの演目のアレも、同じような工夫がされてたんだ、だから惹きこまれるんだ!とか再発見にもなるし。

今年は私の中のオペラ元年にしようと思ってたんだけど、
同時にバレエへの愛を再確認する一年にもなりそうです。
[PR]
by ami-cizia | 2011-01-07 23:56 | うるはし(麗し)

見知らぬ人のような彼

逆転検事2が知らないうちに進化を遂げていてビックリです。
ツィッターやらないんだけど、あの壁紙とアイコンは使ってみたいな。
ボイスドラマとかもアップされていて、かなり驚きです。

しかし…なんだろう、御剣ってこんなにかっこよかったっけ?(え)

逆転裁判3の最終話で見せる、矢張のボケへの生真面目なツッコミや、
「笑いたければ笑うがいい、さぁ笑え!」とか言って、きっと笑われたら泣いちゃいそうな、
そういう無駄に真面目でプライドが高くて打たれ弱そうな感じが好きだったのですが。

まぁ、なんのかんの言いつつ、カプコンの売り上げには貢献するんだろうけどね。
[PR]
by ami-cizia | 2011-01-02 22:46 | にき(日記)
気づいたら、出願期間を過ぎていました。
いや、受験するつもりは無かったので全く問題ないのだけど、うっかり最終決断しそこねたというか。

30・31日が予想外に慌ただしかったので、なんだか休んだ気がしません。
でも29日は懐かしい方たちにお会いできて、かなり刺激を受けました。
頑張る方向性は違うかもしれないけど、私も前向きに頑張らなきゃなぁ☆

今年も相変わらず、やりたいことがいっぱいです。
それに今年は「三十路」に突入する年でもあるので、それも非常に楽しみです。
実は小学生くらいから「三十代」って憧れだったんだ。
素敵な三十代になりたい、という思いで今までの人生を歩いてきたトコロがあるので、今年はとても大切な一年です。
私はあの頃なりたかったような私になれているのかな。

今までの自分を大切にしつつ、興味のある分野を深めたり、新しいことにも心を開いたりしていきながら、素敵なアラフォーに成長できるように頑張ります!
[PR]
by ami-cizia | 2011-01-02 00:01 | にき(日記)

あれもこれも挑戦してみたい今日この頃。


by ami-cizia